レンタルCGI

Tips


過去ログ 

車の運転

オーストラリアでも左側通行・右ハンドルで日本と同じなため、日本にはないラウンドアバウトさえ注意すれば、運転は比較的簡単と言われます。
が・・・、実は微妙に違うところもあるんです。

まず、右方優先だということ。
そして、横断歩道(道路に白のシマシマ)に人がいる場合は、余裕があっても絶対に歩行者を待たなければいけないこと。
例えおばあさんが横断歩道をゆっくり歩いていて、余裕でおばあさんが来る前に曲がれそうでも、絶対に待たなくてはいけません。
それから、シートベルトは後部座席も含め、全員が締めなくてはいけません。

とりあえず、思いつく大きな違いはそんなところ。
意識せずに、ついつい日本の感覚で運転してしまうと、罰金という羽目になるかも・・・。

ルールや標識などの意味を知らず、国際免許だけで外国で運転するっていうのは、案外リスキーなのかもしれませんね・・・。

ピーナツに気をつけろ!?

日本でもおなじみピーナツ・バター(ピーナツ・スプレッド!?)。
こちらにも同じようなものが売っています。
しかし・・・しょっぱいっ!
日本のものは甘かった覚えがあるのですが、オーストラリアのピーナツ・スプレッドは塩辛いので、日本の味を想像してトライするととんだ目にあいます。
(甘くないので、料理に使える・・・という利点もあるのですが)

もちろん、OZにとってはそれが普通なので、当然のように塩気のあるピーナツ・スプレッドをトーストに塗って食べます。
夫いわく、甘いピーナツ・スプレッドなんて想像できない!なのだそうです。
日本人の私が、夫がご飯にコンデンス・ミルク、バナナ、マリブをかけて食べるのを見て衝撃を覚えるのと同じくらい、ありえないらしい・・・。

ある日、ピーナツ・スプレッドのすぐそばで発見した何やらおいしそうな色の物体"nutella"(写真)。
チョコレート・スプレッドなのかなぁと思ってよく見てみると、ヘーゼルナッツのスプレッドでした。
夫がこれはすごくおいしいんだよ!というので、買ってみたら・・・ハマりました。
すごくおいしいんですよ。
最近はトーストには"nutella"が私のブームです。
オーストラリアへいらした際には、ぜひお試しあれ。

ビール作り

今まで書こう書こうと思っていて、忘れていました。
なんと、オーストラリアでは自分でビールを作ることができます。
確か日本では違法ですよね?
私の知り合いでホーム・メイド・ビールを作っているという人には会ったことがないのですが、スーパーなどでも"Lager"Draught""Bitter"など各種フレイバーのビール作りグッズが販売されているので、結構ポピュラーなのだろうと思います。
ワーホリ中にビール作りに挑戦なんていうのも面白いかも。
おいしいビールを作るのはそれほど簡単ではないらしいですが、極めることができれば、これぞ!というビールができるかもしれません。
どなたか作ってみたことのある方、いらっしゃいますか?

バレンタイン

バレンタイン・デーといえば、日本では一般的に女性から男性に気持ちを告白、また彼氏にプレゼントを渡す日となっていますが、オーストラリアでは全くの逆。
プレゼントをあげるのは男性から女性へ・・・が基本なようです。アメリカなどでもそうだと聞いたことがあります。
どう考えても西洋から入ってきた習慣だと思うのですが、一体日本ではどこでどうなって逆になってしまったんでしょうかね。
クリスマスが終わり、しばらくするとバレンタイン・デーに向けてジュエラーなどの広告が頻繁に入るようになります。
どうやらチョコレートをあげる習慣もあるようですが、それなりの年齢になってくると、チョコ+アクセサリーなど身につけるものをプレゼントしたり、ロマンティックなディナーをセッティングしたりするようです。
ホワイト・デーというのはオーストラリアではないそうですので、女性が男性からプレゼントをもらう機会の方が多いのかもしれませんね。
オーストラリア万歳(笑)。

シェア情報の見方(現地新聞)

現地の新聞には週に何度かシェア情報や、アパートの賃貸情報が載っています。
見てみると、辞書には載っていない独特の言い回しなどもちらほら。
そこで、ここでは基本的な単語などの解説をしてみたいと思います。

BREAM PARK m/f share 3brm penthouse, f/furn, 2 bath. $80 per week, Phone 0123 456 XXXX m/f=male/female►こう書かれている場合は男女どちらでも可のシェアになります。シェアによっては、女性のみとか男性のみとかいう条件がつけられているものもあります。

brm=bed room►部屋数を表します。

f/furn=fully furnished►基本的な家具(ベッドなど)がついているという意味になります。fully furnishedであれば、まず大きな買い物は必要ありません。普通、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジなどもついていると思います。「p/furn(partly furnished)」の場合、全てではないが一部完備。「unfurnished」の場合は家具はついていません。

n/s=non smoker►文字通り「タバコを吸わない人」。タバコを吸う人はお断りのシェアもたまにあります。あと結構見かけるのが「フルタイムで働いている人」という条件。

L/up garage=lockup garage►カギつきの車庫。オーストラリアでは車の盗難・車上狙いなどが多く、カギつきの車庫がある家・アパートも珍しくありません。

p/w=per week►「1週間あたり」の略。オーストラリアではたいていシェア代・家賃は週ごとに払います。

bond►保証金。家賃の数週間分のボンドを要求されることもあります。 賃貸の場合はまず確実にBondが必要だと思います。シェアの場合はBondのない場合もあり。(部屋を出る際に部屋の修理や業者による清掃が必要などの特殊な事情がない限りボンドは退去時に戻ってきます)

own bathroom►個人専用のバスルームがありますよの意味。

expenses►諸経費。例えば電気・ガスなどの光熱費。
(*地名・金額など適当です)
North Mtn. Mod furn 4brm house. 2 rooms avail. N/s working persons to share. L/up garage, $100 p/w plus bond. 1111 XXXX
South Mtn., share 2brm waterfront unit, own bathroom, f/furn, must be working and young, 1km to Pitt St. $120 p/wk + expenses. Phone 1234 XXXX

シェアの広告は大体上のような感じだと思います。賃貸の広告も語彙的にはシェアのものとそれほど変わることはありません。
また、必要であれば「シェアを探しています」という広告も出せます。
例えばこんな感じ。・・・A 26y.o. fem needs f/furn room and yard for dog in North Sydney. $80-$100 p/w.  Phone 1234 XXXX