Forest Glen Sanctuary


Forest Glen Sanctuaryは閉園しました。サンシャインコーストでのカンガルーとのふれあいやコアラの抱っこを希望の方はAustralia Zooで可能です。

"Forest Glen Sanctuary"はまだ日本のガイドブックには載ってないかも知れません。
ひと言で言うと規模の小さなローカルな動物園?サファリパーク?という感じです。
でも、実はコアラの抱っこ・写真撮影などもできてしまいます。

エントランスで入園料を払い、自分の車でそのまま園内に入るという形になっています。
なので、車のない場合はツアーなどで参加することをおすすめします。
(ツアーなどのグループはトロリーで園内を回るようです)
エントランスで鹿やカンガルーなどの餌付け用のエサも購入できますので、ぜひ餌付けも体験してみてください。

早速園内に入ると、右の写真のように、鹿が餌を求めてやってきます。
窓を開けて、手に餌を持って外に出すとあっという間に食べつくしてくれます。
人や車に慣れているためか、ものすごい勢いです。
餌をひざの上においていたりすると、車内に首を伸ばしてきますので、気をつけてください。
(危害は加えられるようなことは、まずないとは思いますが、お子さんなどはびっくりして泣き出してしまうかもしれないので・・・)
2.5kmの道中には鹿だけでなく、エミューや各種カンガルー、ワラビーもいます。
思い思いの場所で車を止めながら、動物たちに餌付けをするのを楽しめます。

ドライブを終え、車を止めると、周辺には売店、コアラやウォンバット、夜行性動物のいる建物などがあります。
毎日2回、コアラ・トークというコアラの習性や生態についてのデモがあり、デモの後、希望者は有料でコアラを抱いて写真が撮れます。
フォレスト・グレンではコアラの繁殖にかなり成功しているそうで、ここ生まれのコアラたちは、いまや南はシドニー、北はケアンズまで進出しているそうです。

クリスマス・シーズンはかわいい鹿の赤ちゃん(バンビ)を見るにはもってこいの時期です。
平均50頭ほどの赤ちゃん鹿が毎年その時期に生まれているそうですので、時期が合えばぜひ。
かわいいですよ〜。