海外の方式で婚姻した場合、婚姻証明書を添付して、婚姻成立の日から3ヶ月以内に在外公館長に届出をする必要があります。
必要書類などは領事館によって違っていたり、変更されている可能性もあるので、必ず最寄の領事館などで確認してください。
以下は私たちが届出をした時点での当事者一方が外国人の場合、日本で従前の本籍地と同じところに新本籍を設ける場合の必要書類です。

  届出書 2通
  戸籍謄(抄)本 2通
  婚姻証明書のコピー 2通(*結婚式に実際にサインしたもの。届出の際に、原本も提示。)
  同和訳文 2通
  国籍を証明する書類
  配偶者の旅券・出生証明書・国籍証明書などのコピー。原本も提示する。
  同和訳文

ちなみに和訳に関しては誰がしてもよいということですので、自分でしてしまうのが簡単だと思います。
婚姻届の書き方も、婚姻届を領事館から送っていただいた際にサンプルが入っていたので難なく完了。
姓の変更をする場合は、その用紙も提出します。(届出書と一緒に送ってくれると思います)
領事館に以上のものを持参し、何も間違いがなければすぐ受理されます。
日本の戸籍上に実際に反映されるには1・2ヶ月ほどかかるそうです。